ダイエットの基礎の基礎

ダイエットの基礎の基礎

人間は何故太るのか?というとなにやら哲学的な問いのような気がしますが、いろいろなダイエット法が世間に出回っている中、どうしたら痩せるのか?を考える前に、人間の体重はどうやって増えたり減ったりするのか?を考えてみることが重要なのだと思います。

 

人の体重の増減は、以下の通りに決まります。
[体内に取り入れたカロリー] ? [使ったカロリー] = [残ったカロリー]
体重を減らしたければ、取り込むカロリーを減らすか、使うカロリーを増やすか、大まかにこの二つしかありません。 多くのダイエット法は、このいずれかを調整することにより痩せることを目指しています。

 

体内に取り入れるカロリーを減らす方法は、大まかに二つです。
一つは食べる量を減らす、もう一つは食べたもののカロリーを身体が受け取らないようにする、です。
前者は、例えば、コンニャクダイエットがあります。これは、食べてもカロリーのないコンニャクを大量に食べて満腹な上に摂取カロリーを減らしましょう、という方法です。また、炭酸水ダイエットという、食事の際に炭酸水を一緒に飲むと良い、というダイエット方法がありますが、こちらは炭酸水でお腹を満たして、食欲を減らす、その結果食べる量が減り、摂取カロリーが増える、という方法です。

 

後者は、食べたものを吐き出してしまう薬を飲む、なんて極端な方法から、脂肪として身体に溜まってしまうものより身体のエネルギーとして使われる食品を食べましょう、というものまで様々な方法があります。
これに対して、使うカロリーを減らす方は、身体を動かしましょう(運動しましょう)、の一択です。 運動すると、その運動した瞬間にカロリーを消費するため、痩せます。

 

また、身体は特別な運動をしていなくても生きているだけでどこかしら動いていますので(例えば心臓は休むことなく動いていて、動かすためにはカロリーが必要ですし、体温を一定に保つ為にも身体は動いています)、この際に消費されるカロリー(基礎代謝、と言います)を増やすことで、使うカロリーを増やし、体重が減ることにつながります。

 

この基礎代謝を上げる(増やす)ことで痩せるためのダイエット方法もあります。入浴やマッサージにより痩せることを目指すのはこのタイプです。

 

どんなダイエット方法がいいんだろう?と考えてみる際には、この分類を理解した上で、異なる種類のダイエットを組み合わせてみると効果的なのではないかと思います。

 

 

酵素ダイエット


このページの先頭へ戻る